The17th ハママツ・ジャズ・ウィーク HJWトップページ
トップページ
レポート2008
プレイヤーズリスト
レポート2007
レポート2006
レポート2005
レポート2004
レポート2003
Back to Home
佐山雅弘 ジャズレクチャーコンサート
REPORT 002 REPORT 004
佐山雅弘 ジャズレクチャーコンサート
画像を拡大して見る
“ビバップからクール、ハードバップを経て、モードへの変遷、そのII モードから新主流派へ”のテーマで、マイルス・デービスの「So What」などを題材にし、「音列があって、方向がない」「コード進行がない分自由なメロディ作りやその発展を楽しむことができる」というモードの特色を軽妙なトークで解説。小井政都志さんはユーモアを交えベーシストとしての視点で、大坂昌彦さんはドラマーとして鋭く分析するとともに、ジャズ全体に対する豊富な知識を披露。
最後にモードとコードが、変幻自在に組み合わされた、ハービー・ハンコックの名曲“Dolphin Dance”をトリオで演奏し終了した。
ピアノトリオとしての演奏の質の高さに加え、聴衆を楽しませるトーク、「早く続きを聞きたい!」と思わせる、大変価値あるライブでした。
So What / Miles Davis Milestone / Miles Davis
Impressions / John Coltrane Invitation / Bronislaw Kaper
Autumn Leaves / Joseph Kosma Dolphin Dance / Harbie Hancock
[出演] 佐山雅弘(ピアノ) 小井政都志(ベース) 大坂昌彦(ドラム)
画像を拡大して見る
画像を拡大して見る
画像を拡大して見る
画像を拡大して見る
REPORT 002 REPORT 004

ページトップへ

Copyright © 2008 Yamaha Corporation. All rights reserved.