The 25th Anniversary ハママツ・ジャズ・ウィーク

English

2016年度スケジュール期間:10/15(土)~10/23(日)

10/15(土) 12:30~ スチューデント ジャズ フェスティバル アクトシティ浜松・中ホール 詳細
10/16(日) 14:00~ 親子で楽しむジャズコンサート クリエート浜松・ホール 詳細
10/17(月) 19:00~ Jazzy Night!~ジャズで楽しむJ-POP~ Porte Theater 詳細
10/18(火) 19:00~ JAZZトーク~秋JAZZはピアノからはじめよう!~ トゥルネ・ラ・パージュ 詳細
10/20(木)   出前ジャズコンサート 浜松市内の小学校(2校) 詳細
10/21(金)
10/22(土) 14:00~ ジャズと落語の粋な関係
佐藤允彦 《じゃず高座》
アクトシティ浜松 研修交流センター音楽工房ホール 詳細
15:00~ VJO公開ビッグバンド・クリニック アクトシティ浜松・大ホール 詳細
10/23(日) 11:30~ ストリート ジャズ フェスティバル キタラ(浜松駅北口広場)他 詳細
13:00~ ヤマハ ジャズ フェスティバル アクトシティ浜松・大ホール 詳細

街のジャズクラブ

10月15(土)~10月23日(日)のハママツ・ジャズ・ウィーク中は浜松の多くのお店でジャズライブをお楽しみいただけます。詳細

イベント紹介

親子で楽しむジャズコンサート

「子どものための」じゃなくて、子ども心あふれる「子どもも楽しい」ジャズコンサート。今年もやります!MGQの本格ジャズに、絵本、手品、洒落たギャグ。スーパーデュオ・ケロポンズだって作戦会議中。忘れずに予定しておいてください、親子で楽しむ特別な日。

※授乳室のご用意があります。

写真:親子で楽しむジャズコンサート

日時 2016年10月16日(日)
開場=13:30、開演=14:00
会場 クリエート浜松・ホール
詳細地図
住所 〒430-0916 浜松市中区早馬町2番地の1
入場料 大人2,500円(全席自由)
子供(小学生以下) 1,000円(全席自由)
※3歳以下膝上無料
Pコード 301-799
Lコード 45202
チケット・プレイガイドについてはこちら

ページのトップへ戻る

中川ひろたか(Vo)

1954年、埼玉県に生まれる。
保父として「千早子どもの家保育園」に5年間勤務。
その後、みんなのバンド「トラや帽子店」を結成。リーダーとして活躍。
1995年、「さつまのおいも」(童心社)で絵本作家デビュー。 「わにのスワニー」(講談社)で児童福祉文化賞推薦作品、「ないた」(金の星社)で日本絵本大賞を受賞。作品に「さつまのおいも」などの「ピーマン村の絵本」シリーズ(童心社)や、「ショコラちゃん」シリーズ(講談社)など、現在まで著書200冊を超える。
代表曲に「おーいかばくん」「みんなともだち」「世界中のこどもたちが」「にじ」「ともだちになるために」など、作詞作曲約2300曲。CDは100アイテムを発表。
2007年8月には、TBS「情熱大陸」に出演。
2008年、劇団「おともだち」を旗揚げ。ミュージカル「みんなともだち」を各地で上演。
その他、D1だじゃれグランプリ、A1あそびうたグランプリを主宰。
2013年よりNHKBSプレミアム『おとうさんといっしょ』にあそびアイディアを提供。

オフィシャルウェブサイト

写真:中川ひろたか(Vo)

岡 淳(Ts,Fl)

1990年バークリー音楽大学より奨学金を得て渡米、ボストン・ニューヨークにて4年間過ごす。帰国後はサキソフォビア、宮之上貴昭、綾戸智絵、orange pekoe等、様々なセッションで演奏する他、平井堅、八代亜紀などのレコーディングに参加。
サキソフォビアで中川ひろたかの作品を集めたアルバム『雨ふりシンフォニー』『世界中のこどもたちが』『パレード』を発表している。2013年に『音楽水車プロジェクト』を立ち上げ、音楽を奏でる水車の制作に取り組んでいる。
最新アルバムは 『LIVE IN MEXICO』(MOCK HILL RECORDS)
モックヒル・レコード・オフィシャルサイト: http://mockhillrecords.com/

オフィシャルウェブサイト

写真:岡淳(Ts,Fl)

大友 剛(Pf,ピアニカ)

ピアニスト&マジシャン
自由の森学園卒業後、アメリカ・ネバダ州立大学で音楽と教育を学ぶ。帰国後、フリースクールのスタッフとして不登校、引きこもりの若者と触れ合うかたわら、音楽事務所で作編曲、演奏、CM制作を手掛ける。現在「音楽とマジックと絵本」いう異色の組み合わせで国内外で活動。2011年春、NHK教育「すくすく子育て」にマジシャンとして準レギュラー出演。東日本大震災後、被災地に音楽とマジックを届けるプロジェクト『Music&Magicキャラバン』を設立、東北、九州で展開中。

オフィシャルウェブサイト

写真:大友剛(Pf,ピアニカ)

俵山昌之(B)

1963年生まれ、東京都出身。
中学生よりギター、高校生よりエレキベースを始める。19歳でウッドベースを始め、ライブハウス等で活動し始める。26歳の時、益田幹夫(p)トリオで初レコーディングし、その後多くのミュージシャンと共演する。主な共演者は、大野雄二、渡辺貞夫、日野皓正、山下 洋輔、MALTA、TOKU、小林桂、等。現在活動しているグループは、サムライビバップトリオ、纐纈 (こうけつ) 歩美カルテット、五十嵐一生カルテット、岡淳 (まこと) カルテット、福井ともみトリオ、中川ひろたかグループ、侍ビバップ3 タワーステーション、俵山昌之5、福井ともみ5等 アンサンブルを重視し、力強く安定したビート、洗練されたベースラインは、共演者からも高く評価され信頼されている。
2010年、「スイングジャーナル」誌 ベース部門 人気 投票で7位に選出された。

オフィシャルウェブサイト

写真:俵山昌之(B)

江藤良人(Dr)

1973年4月14日、三重県鈴鹿市生まれ。
10歳からドラムを始める。
'94年 土岐英史(as)セッションでデビュー。
'96年から辛島文雄(p)トリオへの参加をきっかけに本格的にプロ活動を開始。以後、池田芳夫(b)DADA、中本マリ(vo)グループ等に参加。 '98年、渡辺貞夫(as)バンドに参加。コンサート、テレビ、ラジオに多数出演。モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。
'99年 綾戸智恵(vo)“Friends”ツアー、アルバム制作に参加。
'02年、初リーダーアルバム『ANIMAL HOUSE』をリリース。
J-POPユニット“orange pekoe”のレコーディング、ツアーに参加。
'05年、2作目のリーダーアルバム『RAY』をリリース。
'06年~'15年『ルパン三世』の音楽で有名な作曲家の大野雄二率いる“Yuji Ohno & Lupintic Five”に参加。
'11年、3枚目のリーダーアルバム『Three-Act Play 』をリリース。
'12年、井上陽介(b)、田中邦和(ts)と『Karate Chops』を結成
'15年、4枚目のリーダーアルバム『KarateChops』をリリース。
また、日野皓正(tp)、山下洋輔(p)、綾戸智恵(vo)、佐藤竹善(vo)、Lee konitz(as)、Eddie Gomez(b)等と共演。
現在は自己のグループの他、井上陽介(b)カルテット、石井彰(p)トリオ、岡淳(ts)punch! 、the EROSに参加。また様々なセッションで活動中。
柔らかくしなやかなシンバルレガート、繊細さとパワフルさを兼ね備えたドラムプレイが特徴。共演者に絶大な信頼感をもたらす。

オフィシャルウェブサイト

写真:江藤良人(Dr)

ケロポンズ

1999年結成、増田裕子と平田明子からなるミュージック・ユニット。あそびうたや体操の作詞、作曲、振付を手掛け、親子コンサートや、保育士・幼稚園の先生を対象にした保育セミナーなどに出演する。カエルちゃんオフィス所属。
子供も大人も楽しめる、笑いあり、歌あり、あそびあり、体操あり、ミュージックパネルあり、なんでもあり~のステージを全国で繰り広げ、その面白さは 宇宙的!と評判。 雑誌にこどもとのふれあい遊びや体操の紹介記事を執筆、楽曲・振付の提供、絵本の創作なども行う。作詞・作曲を手掛けた歌や考案したあそびは、1000作品を超える。代表作「エビカニクス」のYouTube動画再生回数は1,000万回を突破(2015年9月時点)。
2008年よりNHK「おかあさんといっしょ」に楽曲提供、2009年よりBS日テレ「それいけ!アンパンマンくらぶ」に準レギュラー出演、2013-14年くまモンに楽曲・振付提供、2013年より3年連続でフジロックフェスティバルに出演。2009年よりオリジナルあそびうたの日本一を決定するA1あそびうたグランプリの審査員を務める。

増田裕子(ケロ)
東京都出身。国立音楽大学教育科、幼児教育専攻卒。岡本賞を受賞。大学の卒論で、「すてきな帽子屋さん」を発表。4年間の幼稚園勤務ののち、1987年に、中川ひろたか、福尾野歩とともにみんなのバンド「トラや帽子店」を結成、解散までの11年間キャプテンとして活躍。ソロアルバムとして「らりるれろんちゃん」「チャームポイント」(カエルちゃん)をリリース。また、主な著書に「増田裕子のミュージックパネル1,2」(クレヨンハウス)絵本に「ケロちゃんえほんシリーズ・ねこのおいしゃさん」(そうえん社)などがある。

平田明子(ポン)
広島県出身。増田裕子のパネルセミナーの伴奏をしながらりんごの木こどもクラブで5年間保育をし、「歩くぬいぐるみ」としてこどもたちと遊んでいた。ウクレレ、リコーダーなど様々な楽器を楽しく演奏。動物の鳴き真似は絶品。ときどき絵やおしりもかいているらしい。2004年、初のエッセイ集「保育でポン!」2007年には「0,1,2歳児とふれあってあそぼう」(チャイルド本社)を出版。

オフィシャルウェブサイト

写真:ケロポンズ

ページのトップへ戻る

Copyright © 2017 Yamaha Corporation. All rights reserved.