The 26th ハママツ・ジャズ・ウィーク10.14[SAT] - 10.22[SUN]

English

2017年度スケジュール期間:10/14(土)~10/22(日)

10/14(土) 12:30~ スチューデント ジャズ フェスティバル アクトシティ浜松・中ホール 詳細
10/15(日) 14:00~ 佐藤允彦のジャズ目線じゃぁ~ガーシュウィンが聴いた作曲家達~ アクトシティ浜松 研修交流センター音楽工房ホール 詳細
10/16(月) 19:00~ Jazzy Night!~ジャズで楽しむ名曲クラシック~ Porte Theater 詳細
10/17(火)

10/19(木)
  出前ジャズコンサート 浜松市内の小・中学校(3校) 詳細
10/19(木) 19:00~ JAZZトーク~ジャズ・レコード⽣誕100周年:ジャズ100年のヒット曲を楽しむ~ トゥルネ・ラ・パージュ 詳細
10/21(土) 14:00~ 親子で楽しむジャズコンサート クリエート浜松・ホール 詳細
10/22(日) 11:00~ ストリート ジャズ フェスティバル キタラ(浜松駅北口広場)他 詳細
13:00~ ヤマハ ジャズ フェスティバル アクトシティ浜松・大ホール 詳細

街のジャズクラブ

10月14(土)~10月22日(日)のハママツ・ジャズ・ウィーク中は浜松の多くのお店でジャズライブをお楽しみいただけます。詳細

イベント紹介

出前ジャズコンサート

浜松市のユネスコ創造都市ネットワーク加盟を記念して、昨年から始まったアウトリーチ企画。
子どもたちの豊かな感性と表現力を育むことを目的に、国内の優れたアーティストが小・中学校に出向き、コンサートを開催。ジャズの名曲を中心に、子どもたちがよく知っている曲、解説などを交え、子どもたちの音楽に対する興味をひき立てます。

※ 一般の入場は受け付けておりません。

写真:出前ジャズコンサート

日時 2017年10月17日(火)~10月19日(木)
会場 浜松市内の小・中学校(3校)
出演者 Dear Blues

ページのトップへ戻る

Dear Blues

中嶋美弥(Pf)、名古路一也(B)、山下佳孝(Dr)からなる、ピアノトリオ。
2007年から3人で名古屋を中心に、数多くのセッションを行い、トリオのアルバム3枚と、ボーカルとのコラボCD3枚をリリース。2度の名古屋Blue Noteでのライブを成功させ、2013年11月にフランスのリモージュジャズフェスティバルに招待され出演。
ブルージーでファンキー、明るく、温かいサウンドをもとに、ジャズフィーリングたっぷりに強力にスイングする演奏には定評がある。

オフィシャルウェブサイト

写真:Dear Blues

中嶋 美弥(Pf)

静岡県浜松市出身。4才よりクラシックピアノを始め、8才でヤマハ音楽教室作曲家コ-スにおいて、初めて作曲した曲が本に掲載される。PTCコンク-ル優秀賞受賞。大学時ジャズに出会い、独学で勉強を始める。卒業後OLをしながら、様々なバンドでライブ活動を開始する。その後退社し、音楽教室での臨時講師を経て、名古屋に拠点を移し、本格的に演奏活動を開始。様々なセッションやレコーディングに参加する。国内外のミュージシャンとのセッションを続けつつ、2007年より活動している自己のピアノトリオ「Dear Blues」では、トリオで3枚、ボーカルとのコラボで3枚のCDをリリースし、名古屋ブルーノートでの2度のライブを成功させる。2013年11月にはフランスのリモージジャズフェスティバルに招待され出演。高い評価を得る。現在、主に名古屋を中心に全国で精力的にライブ活動を行い、明るく、スイング感のあるピアノには定評がある。

写真:中嶋 美弥(Pf)

名古路 一也(B)

1958年岐阜県関市出身。トランペッターの父の影響により、幼い頃からサッチモやハリージェイムスのレコードに親しみ、中学の頃からギターを持ち、バンドに明け暮れる。1984年頃よりベーシストに転向、以後、ライブハウス、クラブ、イベントなどで、さまざまなミュージシャン(ダイアンハブカ、ピンキーウインタース、大野俊三、ドリストロイ、ケンバルディス、金子晴美など)と共演。岐阜放送(jazz&talk)に伊藤昌司トリオでレギュラー出演のほか、長良川ジャズフェスティバルに3度出演。
「楽しくなければ音楽じゃないよ!」が信条で、持ち前の明るく温厚な性格と、グルービィーなビート感は共演者たちからの信頼が厚く、人気が高い。ギターの畑ひろしと組んだ自己のリーダーバンド RoppaRoppaでは2枚のCDをリリースし、スイングジャーナルの人気投票にも名前があがる。さまざまなライブ、レコーディングに精力的に活動し、参加したアルバムは多数。現在、ピアノトリオ「Dear Blues」のベーシストとしても活躍し、6枚のアルバムにも参加。名古屋芸術大学 音楽学部 ジャズポップスコース非常勤講師。

写真:名古路 一也(B)

山下 佳孝(Dr)

高校時代にドラムを始める。大学時代にジャズのビックバンドに入ったことがきっかけで、 ジャズを演奏し始める。佐竹伸泰氏に師事しジャズを学ぶ。次第にジャズ、ボサノバなどのドラムに傾倒していく。大学卒業後、ニューヨークのDrummers Collectiveに留学、ジャズをはじめとしたドラム、アフリカやブラジルのパーカッションを学ぶ。帰国後、さまざまなライブ、レコーディングに参加し、nativeでは7枚のCD、4枚のEPをリリースし、ドイツのINFRACom!からも’PrussianBlue’がワールドリリースされている。2009年にnativeを脱退後はスタンダードなジャズのピアノトリオDear Bluesで4枚、ジャズボーカルユニットp-4kでは5枚目となるアルバムをリリース。名古屋ブルーノートでの出演、台湾での演奏ツアー、2013年秋にはフランス リモージュでのジャズフェスティバルに招待され好評を博した。オリジナルジャズバンドTRISPACEでは2枚のアルバムをリリース。2012年に発売されたアルバムはスペイン、イタリア等でも話題となった。定期的に東京、名古屋でライブ活動を行い、2014年にはスウェーデンとイタリアでレコーディングとツアーを行う。その他にも、ピアノとパーカッションのボーカルユニットHYLA等で活動するなど、ジャズにとどまらず、ラテン・ブラジル音楽からジプシー音楽ポップスまで幅広いライブ・レコーディングに精力的に参加している。

写真:山下 佳孝(Dr)

ページのトップへ戻る

Copyright © 2017 Yamaha Corporation. All rights reserved.