親子で楽しむジャズコンサート

写真:親子で楽しむジャズコンサート

ハママツ・ジャズ・ウィーク出演8回目となる、絵本作家・シンガーソングライターの中川ひろたかと、岡淳率いる本格派ジャズミュージシャンによる大人気親子ジャズコンサート。絵本とジャズのコラボレーション、ピアニスト大友剛の手品など、盛りだくさんのバラエティショー。そして、あそびうた、ダンス、歌とストーリーが一体となったミュージックパネルが人気のミュージック・ユニット ケロポンズも加わりさらにパワーアップ。エビとカニのコスチュームをまとった“エビカニクス”は、動画共有サイトYouTubeで再生回数が3,700万回を超える鉄板パフォーマンス。子どもから大人まで楽しめる魅力満載の「はじめてのジャズ」コンサートです。

※授乳室のご用意があります。

日時 2018年10月27日(土)
開場=13:30、開演=14:00
会場 クリエート浜松・ホール
詳細地図
住所 〒430-0916 浜松市中区早馬町2番地の1
入場料 一般:前売2,500円/当日3,000円(全席自由)
小学生以下:前売・当日1,000円(全席自由)、※3歳以下膝上無料
Pコード 118-713
Lコード 45813

出演

モダンギャグカルテット(MGQ)~ おか・・さんといっしょ + ケロポンズ

中川ひろたか(Vo)

オフィシャルウェブサイト

1954年、埼玉県に生まれる。
保父として「千早子どもの家保育園」に5年間勤務。
その後、みんなのバンド「トラや帽子店」を結成。リーダーとして活躍。
1995年、「さつまのおいも」(童心社)で絵本作家デビュー。
「わにのスワニー」(講談社)で児童福祉文化賞推薦作品、「ないた」(金の星社)で日本絵本大賞を受賞。作品に「さつまのおいも」などの「ピーマン村の絵本」シリーズ(童心社)や、「ショコラちゃん」シリーズ(講談社)など、現在まで著書200冊を超える。
代表曲に「おーいかばくん」「みんなともだち」「世界中のこどもたちが」「にじ」「ともだちになるために」など、作詞作曲約2300曲。CDは100アイテムを発表。 
2007年8月には、TBS「情熱大陸」に出演。
2008年、劇団「おともだち」を旗揚げ。ミュージカル「みんなともだち」を各地で上演。
その他、D1だじゃれグランプリ、A1あそびうたグランプリを主宰。
2013年よりNHKBSプレミアム『おとうさんといっしょ』にあそびアイディアを提供。

写真:中川ひろたか(Vo)

1990年バークリー音楽大学より奨学金を得て渡米、ボストン・ニューヨークにて4年間過ごす。帰国後はサキソフォビア、宮之上貴昭、綾戸智絵、orange pekoe等、様々なセッションで演奏する他、平井堅、八代亜紀などのレコーディングに参加。
サキソフォビアで中川ひろたかの作品を集めたアルバム『雨ふりシンフォニー』『世界中のこどもたちが』『パレード』を発表している。
2013年に『音楽水車プロジェクト』を立ち上げ、音楽を奏でる水車の制作に取り組んでいる。
最新アルバムは 『LIVE IN MEXICO』(MOCK HILL RECORDS)

写真:岡淳(Ts,Fl)

大友剛(Pf,ピアニカ)

オフィシャルウェブサイト

ミュージシャン&マジシャン&翻訳家。
自由の森学園卒業後、アメリカ•ネバダ州立大学で音楽と教育を学ぶ。卒業後、フリースクールのスタッフとして不登校、引きこもりの若者と共同生活をする傍ら、音楽事務所で作編曲、演奏、CM制作を手掛ける。現在「音楽とマジックと絵本のコンサート」で活動。2013年より絵本「ねこのピート」シリーズ(ひさかたチャイルド)を翻訳。他訳書に「えがないえほん」(早川書房)。両作品共に10万部を越える。東日本大震災後、被災地に音楽とマジックを届けるプロジェクト『Music&Magicキャラバン』を設立、東北、九州で展開中。
最新アルバムは 『LIVE IN MEXICO』(MOCK HILL RECORDS)

写真:大友剛(Pf,ピアニカ)

1963年生まれ、東京都出身。
中学生よりギター、高校生よりエレキベースを始める。19歳でウッドベースを始め、ライブハウス等で活動し始める。
26歳の時、益田幹夫(Pf)トリオで初レコーディングし、その後多くのミュージシャンと共演する。
主な共演者は、大野雄二、渡辺貞夫、日野皓正、山下洋輔、MALTA、TOKU、小林桂、等。
現在活動しているグループは、サムライビバップトリオ、纐纈 (こうけつ) 歩美カルテット、五十嵐一生カルテット、岡淳 (まこと) カルテット、福井ともみトリオ、中川ひろたかグループ、侍ビバップ3
タワーステーション、俵山昌之5、福井ともみ5等
アンサンブルを重視し、力強く安定したビート、洗練されたベースラインは、共演者からも高く評価され信頼されている。
2010年、「スイングジャーナル」誌 ベース部門 人気投票で7位に選出された。

写真:俵山昌之(B)

1973年4月14日、三重県鈴鹿市生まれ。
10歳からドラムを始める。
'94年 土岐英史(As)セッションでデビュー。
'96年から辛島文雄(Pf)トリオへの参加をきっかけに本格的にプロ活動を開始。以後、池田芳夫(B)DADA、中本マリ(Vo)グループ等に参加。
'98年、渡辺貞夫(As)バンドに参加。コンサート、テレビ、ラジオに多数出演。モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。
'99年 綾戸智恵(Vo)“Friends”ツアー、アルバム制作に参加。
'02年、初リーダーアルバム『ANIMAL HOUSE』をリリース。
J-POPユニット“orange pekoe”のレコーディング、ツアーに参加。
'05年、2作目のリーダーアルバム『RAY』をリリース。
'06年~'15年『ルパン三世』の音楽で有名な作曲家の大野雄二率いる“Yuji Ohno & Lupintic Five”に参加。
'11年、3枚目のリーダーアルバム『Three-Act Play 』をリリース。
'12年、井上陽介(B)、田中邦和(Ts)と『Karate Chops』を結成
'15年、4枚目のリーダーアルバム『KarateChops』をリリース。
また、日野皓正(Tp)、山下洋輔(Pf)、綾戸智恵(Vo)、佐藤竹善(Vo)、Lee konitz(As)、Eddie Gomez(B)等と共演。
現在は自己のグループの他、井上陽介(B)カルテット、石井彰(Pf)トリオ、岡淳(Ts)punch! 、the EROSに参加。また様々なセッションで活動中。 
柔らかくしなやかなシンバルレガート、繊細さとパワフルさを兼ね備えたドラムプレイが特徴。共演者に絶大な信頼感をもたらす。

写真:江藤良人(Dr)

1999年結成、増田裕子と平田明子からなるミュージック・ユニット。あそびうたや体操の作詞、作曲、振付を手掛ける。
あそびうた、体操、歌とストーリーが一体となったミュージックパネル等で構成される親子コンサートや、保育士・幼稚園の先生を対象とした保育セミナーを全国で行う。
育児雑誌や保育雑誌にこどもとのふれあい遊びや体操の紹介記事を執筆、楽曲・振付の提供、絵本の創作等も行う。CD・DVD・書籍・雑誌等に収録される、作詞・作曲を手掛けた歌やあそびうた・考案したあそびは1000作品を超える。代表作「エビカニクス」のYouTube動画再生回数は2017年3月に2,000万回を突破。
2008年よりNHK「おかあさんといっしょ」に楽曲提供、2009年よりBS日テレ「それいけ!アンパンマンくらぶ」に出演、2013-14年くまモンに楽曲・振付提供、2013年より4年連続のフジロックフェスティバルに出演。2009年よりオリジナルあそびうたの日本一を決定するA1あそびうたグランプリの審査員を務める。
代表作品
・DVD「ケロポンズとあそぼう!」(2011)
・CDつき本「ケロポンズのおやこであそぼ」(2008)
・書籍「ケロポンズのあそびねた」(2002)
・CD「エビカニクス」(2002)

増田裕子(ケロ)
東京都出身。国立音楽大学教育科 幼児教育専攻卒。大学の卒論でミュージックパネル「すてきな帽子屋さん」を創作、首席の学生に与えられる岡本賞を受賞。4年間の幼稚園勤務の後、中川ひろたか、福尾野歩と共に「トラや帽子店」を結成、11年間キャプテンを務める。1999年より平田明子とケロポンズを結成。ソロアルバムとして「らりるれろんちゃん」、「チャームポイント」をリリース。主な著書に「増田裕子のミュージックパネル1、2」(クレヨンハウス)、歌つき絵本「ケロちゃんえほんシリーズ」(そうえん社・「えらいえらい!」、「ねこのおいしゃさん」、「のってるのってる」など11冊既刊)などがある。

平田明子(ポン)
広島県出身。安田女子大学文学部児童教育学科卒。学生時代「トラや帽子店」と出会っておもしろさに虜になり、広島で「トラや」のコンサートを主催、800人集客。増田裕子のパネルセミナーの伴奏をしながら横浜の幼稚園「りんごの木こどもクラブ」で5年間保育。1999年「トラや」を休業した増田裕子とケロポンズを結成。ウクレレ、リコーダーなど様々な楽器を楽しく演奏。動物の鳴き真似は絶品。主な著書にエッセイ集「保育でポン!」、「ポンちゃんの0,1,2歳児とふれあってあそぼう」、絵本「モジャキのくすり」などがある。

写真:ケロポンズ

ページのトップへ戻る

※当サイト内の表示価格はすべて消費税込みの料金となります。

Copyright © 2018 Yamaha Corporation. All rights reserved.