スチューデント ジャズ フェスティバル

写真:スチューデント ジャズ フェスティバル

まさにジャズの甲子園!日本全国から選抜されたハイレベルな中・高校生ビッグバンドが浜松に結集します。ダイナミックなアンサンブルと若さ溢れるグルーヴィーなサウンド。ジャズを愛する若者たちの熱演を、ぜひ聴きに来て!

日時 2019年10月19日(土)
開場=12:00、開演=12:30、終演=16:45(予定)
会場 アクトシティ浜松・中ホール(1030席)
詳細地図
住所 〒430-0928 浜松市中区板屋町111-1
入場料 一般:前売800円 / 当日1,000円(全席自由)
高校生以下:500円(全席自由)
※3歳以下無料
Pコード 154-073
Lコード 45431

出演団体

【全国選抜中・高校生ビッグバンド9団体】

  1. 浜松市立積志中学校
  2. 静岡県立浜松西高等学校
  3. 高槻市立冠中学校
  4. 和歌山県立日高高等学校
  5. 愛知県立鶴城丘高等学校
  6. 愛知高等学校
  7. 他3団体(予定)

(順不同)

守屋純子(ジャズピアニスト兼作編曲家)

オフィシャルウェブサイト

早稲田大学“ハイソサエティーオーケストラ”でジャズを始め、ニューヨークのマンハッタン音楽院修士課程修了。アメリカ・ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。
2000年より、“守屋純子オーケストラ”が芸術文化振興基金の助成対象事業となり、毎年定期公演を行っている。2004年、自己のカルテットでインド公演。
2005年にCD“Points Of Departure”が、第18回ミュージック・ペンクラブ賞を受賞する。同年9月、ジャズでは最も権威のあるセロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で、東洋人としてまた女性として初優勝の栄誉に輝き、ワシントンのケネディーセンターでの授賞式に招聘されて受賞曲を演奏し、日米で話題を呼ぶ。
2008年9月、米“モンタレージャズフェスティバル”に自己のカルテットで出演、その後、サンフランシスコ・ロサンゼルスでも公演を行う。2008・09年フランス・ツアー。2014年より2018年まで、6回にわたり、ロシア・サンクトペテルブルク、ウラジオストクで公演。
これまでに9枚のリーダーCD(内6枚はビッグバンド作品)を発表。2018年7月、安土桃山時代の画伯<長谷川等伯>を題材としたジャズ組曲を収録した最新ビッグバンド作<Art In Motion>を発表する。
教育活動にも熱心で、“山野ビッグバンドコンテスト”“浅草ジャズコンテスト”“ヤマハエレクトーンコンクール”等の審査員や、全国の小中高生のためのビッグバンドの指導、講演なども行なっている。2013年以降は、米国・モンタレー、オーストラリア・パースなど、海外でも学生を指導している。昭和音楽大学・尚美学園大学非常勤講師。

写真:守屋純子(ジャズピアニスト兼作編曲家)

岡崎好朗(ジャズトランペット奏者)

東京都江東区出身。
12歳からトランペットを始め中学生の時に観た”ベニーグッドマン物語”に影響されジャズを聴き始める。17歳のときからジャズを演奏し始め、五十嵐一生、村田浩に師事する。
1990年の夏にBerklee In Japan セミナーに参加して奨学金を獲得して、1991年9月にボストンにあるBerklee College of Musicに留学する。
1994年同校パフォーマンス科を卒業。
2003年8月21日に、自己のQuintet"OKAZAKI BROTHERS"(ts:岡崎正典・p:三木成能・b:上村信・ds:吉岡大輔)でデビューアルバム"HANK'S MOOD"をイーストワークスエンターテイメントより発売。
2005年5月よりNYに拠点を移し、同年12月にアーティストビザ取得。
渡米中は多くのジャズクラブ(Blue Note、Birdland、Dizzy's club coca-cola、Iridium、Sweet Rhythm、Kitano等)で演奏し、Mingus Bigband、Mingus Dynasty、Velery Ponomarev Bigband、小曽根真No Name Horses等で活躍。
2008年9月NYから東京に拠点を戻し、ライブ、コンサート、レコーディングなどで活躍中。

写真:岡崎好朗(ジャズトランペット奏者)

ページのトップへ戻る

※当サイト内の表示価格はすべて消費税込みの料金となります。

Copyright © Yamaha Corporation. All rights reserved.

個人情報保護方針